子なし・未婚・男でも子育てを語りたい!!

子なしかつ結婚さえしてない男が子育てを語るブログです。主に発達心理学に基づいた視点から「正しい子育て」を追求しています。

子どもと恋愛ドラマを見てみましょう!

今日のまとめ(時間のない人はここだけ読んでもらえれば大丈夫です。本文は大したこと書いてないので・・・)

  • 恋愛ドラマを親子で見る
  • ドラマの登場人物がどのような心情なのか、子どもに聞いてみる
  • そうすれば、思いやりや適切な判断力が身につく

f:id:youhei-takahagi:20170517160428p:plain

 

簡単に恋愛できる時代

 

晩婚化だなんだ言われて、恋愛がしずらい時代なのかなと思います。

 

しかし、初体験の年齢が昔に比べて下がっています。

 

昔とは違い、ネットで簡単に「性」の知識を獲得できます。

 

体位とか大人のオモチャ、女性のベッドへの誘い方とか・・・

 

僕が高校生の時に初めて知った「下ネタ」も、恐らく今の小学生なら知っているかもしれません・・・

 

 

そして、学校やバイト先だけでなく、SNSという強力な出会いの場が加わりました。

 

 

上の世代からしたら、

 

 

「ネットで知り合った人と会うなんて怖いだろ・・・」

 

 

と思う人も多いと思います。

 

しかし、今の若い人にとって、ネットで出会うことは当たり前になりつつあります。

 

なので、親が恋愛を教えるのはどうでしょうか?

 

 

恋愛ドラマは人間性を育てる教材

 

 

親子で恋愛ドラマなんか見ている時、唐突にラブシーンが始まりお茶の間が凍り付いた、という経験はありませんか?

 

その時、チャンネルを変えたり沈黙が続きいたり・・・この状況で適切な対処法があったら教えてくれって感じですよね。

 

 

ですが、この状況をチャンスに変えてみてはいかがでしょうか?

 

この状況で、あえて親が、

 

 

「この2人は何をしてるんだと思う?」

 

 

と聞いてみます。

 

恐らく、子どもはわかっていても答えられないでしょう。(むしろ答えてほしくない・・・)

 

続けて親は、

 

 

「この2人は愛し合っているから、こういうことをするんだよ」

 

 

と教えてあげましょう。

 

このように「恋愛」や「性」をちゃんと教えずに、

 

 

「子どもには適切な恋愛をしてほしい」

 

「DV男にひっかからないでほしい」

 

「思いやりのある奥さんを見つけてほしい」

 

 

と願うのは虫が良いのではないでしょうか?

 

 

別にラブシーンに限らず、ちょっと前に話題になった上戸彩さん主演の「昼顔」を一緒に見てみるのも良いです。

 

なぜ不倫をしてしまったのかを考えさせるのも、思いやりや想像力を育てるのに一役買うのではないでしょうか?(僕はこのドラマを見てないのですが・・・)

 

 

不倫は悪いことです。

 

ですが、

 

 

「不倫を悪いことだ」

 

「結婚してるのに他の人になびくなんて気持ち悪い!」

 

 

と一蹴するのではなく、不倫した人の心情を察してあげる思いやりも必要だと僕は思います。

 

悪いことを、ただ「悪いことだ」というのは簡単です。

 

しかし、「悪いことだ」と言って、解決する問題は少ないでしょう。

 

 

「なぜ不倫をしたのか?」

 

「寂しかったから?」

 

「それは不倫をする以外方法はなかったのか?」

 

 

このように親が問いかけてあげ、より深い洞察力や解決力を身につけ、表面的な正義感だけで物事を安易に判断するような見識の浅い人間にはならないでしょう。

 

そして、「自分だったらどうするか?」を最後に聞いてあげます。

 

 

「寂しかった自分ならどうするか?」

 

「パートナーに自分の寂しさを話すべきか?」

 

「話すにしてもどのように話すべきか?」

 

 

など考えさせれば、いざ子どもに恋人ができたとき、正しい判断ができ、素敵な恋愛を送れるようになるのではないでしょうか?

 

親が子どもに恋愛を語るのはタブー

 

すいません。海外の事情はわかりません。

 

ですが、日本では、親が子どもに恋愛を語るのは何かタブー視されているような感じがあります。

 

しかし、ネットが発達して、恋愛の自由度も増しました。

 

通販で簡単に物が買えるのと同じように、子どもでも簡単に恋愛を経験することができます。

 

 

「ネットで出会うのはダメ」

 

「セックスは高校卒業してから」

 

 

というような古い考えは、むしろ子どもに悪影響を与えてしまうと思います。

 

時代に合わせて柔軟に子どもに適切な「教育」を教えるのが大人の役目なのではないでしょうか?

 

 

以上、子なし・未婚・男のくせに、生意気に子育てを語ってしまい申し訳ございません。

広告を非表示にする